献血ルームでマンガ本を読んでいます

私は時々、献血をしています。
献血ルームの休憩コーナーには、たくさんのマンガ本が置いてあります。

献血をしている間も、終わって休憩の間も、マンガ本を読むことができます。
私はいつも、そこで連作のマンガ本を読んでいました。

毎回、献血に行くたびに、数冊読んでいました。
それが楽しみでもあり、献血に行っていたような気がします。

もちろん、お菓子は自由に食べられますし、ジュースなどの飲み物も自由に飲むことができます。
また、献血をすると毎回何か粗品のようなものをもらうことができます。

無料で自由に飲み物を飲んで、お菓子を食べ、マンガ本が読める場所は、他にはありません。
ちょっとした息抜きに、献血ルームを利用しても良いと思いました。

今の若い人は、献血する人が減っているそうです。
冬は特に献血をする人が少なくなると聞いています。

こういったいろいろなサービスが充実しているならば、もっと利用しても良いのではないかと思いました。

さらに、欲を言えば、もっとマンガ本がたくさん置いてあるとよいなと思います。
定期的にマンガ本が入れ替われば、もっと若い人たちが利用しやすい空間になるのではないかと思います。

図書館に置いてある昔懐かしいマンガ本

私は図書館でよく本を借ります。
大きな図書館に行くと、マンガ本がたくさん置いてあります。

それは今のマンガ本というよりは、昔のベストセラーになったようなマンガ本が多いです。
私は時々、そういったマンガ本を借りて読んでいます。
懐かしい昔のマンガ本は、子供の頃を思い出してしまいます。

図書館と言うと、活字だけの書物というイメージが強かったのですが、マンガのコーナーを見つけて、少し驚きました。

そこには数々の有名なマンガ本がたくさん置いてありました。
マンガの歴史もだんだん古くなってきて、プレミアがつくようなマンガ本は図書館にも置いてあるようになり、貸し出しもできるようになったようですね。

最近のマンガ本も面白いですが、昔ながらのマンガ本もまた、時代を感じて興味深いものがあります。

機会があれば、また昔懐かしいマンガ本もたくさん読んでいこうと思っています。
マンガ本は買わなくても、無料で読める場所がたくさんあることを知りました。
お気に入りのマンガ本は買いますが、それ以外にも読んでみたいものがたくさんあります。

そういったマンガ本をいろいろな場所で、どんどん読んで、マンガ本の世界を広げていきたいですね。

マンガ本が自由にタダで読めるお店

私が以前よく行っていたリサイクルショップは、マンガ本が自由に読めました。
そこは人気のあるお店のようで、買い取りのお客さんもたくさんいました。

私も何度もそこで、いろいろな買い取りをしてもらいました。
その待ち時間がけっこうかかってしまいます。

しかし、その間にマンガ本を読んで過ごしました。
私は以前から好きなマンガ本があったので、再び読みなおしてみることにしました。

数年ぶりに読んでみても、やはりとても面白く、時間があっという間に過ぎていきました。

私と同じようにマンガ本を読んでいる人が、けっこういて座る場所を確保するのが大変でした。

長時間の立ち読みはキツイものがあります。
私は席が確保できた時は、ゆっくりとマンガ本を読むことができました。

無料でマンガ本をたくさん読めるお店は少ないと思います。
このお店は若い子供たちでいつも賑わっています。

このお店は駄菓子がたくさん売っているので、小腹が空いた時も助かります。
ゲームコーナーもたくさんあり、何時間いても飽きないお店でした。

こういった気楽にマンガ本が読めるお店がもっとたくさんできるとよいなと思っています。
また、そのお店に行く機会があったら、マンガ本を読みたいと思います。

電子コミックの読みすぎで眼精疲労に

最近電子コミックにはまっています。面白くて次から次へと電子コミックを読む日々。
今日もいつものようにお気に入りマンガの続きを読んでいました。

あっという間に過ぎていく時間。気が付いたら3時間ほど夢中で読んでいました。
ちょっと休憩しようとコーヒータイムにした時に目に異変が…。

とっても目が痛いんです。ズキズキと痛む目になぜ?何が起きたの?と戸惑っていたのですが、原因はきっと電子コミック。
あまりの面白さに夢中で読んでいたので目が眼精疲労になっていたみたいです。
目をグルグル動かすと目が疲れているのか、目の周りの筋肉が固まっていたのかズキズキと痛みが。
続けているうちに目の痛みはなくなりましたが、いきなり目がズキズキと痛んだ時には本当にビックリしました。

普通にインターネットを使用している時には何時間使っても目がこんなに痛くなることはないのですが、
今日はずっと画面を直視していたんでしょうね~。

電子コミックが面白すぎるのが悪いんだ~と思いながらもまた明日も読んじゃうんだろうな。
今夜は明日の為にホットアイマスクをしよう。また明日お気に入りのマンガを読めるように目を労わってあげなくては!

大人も夢中になるマンガ、ワンピース

かなり前から人気があったマンガ、ワンピースですが、私はまったく興味がありませんでした。
どうせ少年マンガだし、くだらない内容なんだろうな~と思っていたので読んだこともありませんでした。
そんな私でしたが、この前たまたまテレビで放送されていたワンピースのアニメを観たのです。
感動…!
何?これ少年マンガじゃないの?全然くだらなくない!めっちゃいい話だし~!と大感動してしまいました。
それから急いで本屋さんへ行き、今さら買うのも恥ずかしいなと思いながらワンピースの1巻目を買ってきました。
それからワンピースに夢中になってしまいました!
面白い!楽しい!冒険にワクワクする!しかも時折感動するシーンもある!
ワンピースすごすぎです。
今日は一日お休みだったので昨日の夜に買ってきたワンピースのマンガをず~っと読んでいました。
それもあっさり読み終わり、さっきまた続きの巻を買ってきました。
普段は節約をしないとと思っているのですが、ワンピースのマンガは我慢できそうにありません。
続きを早く読みたくて!読みたくて!
ワンピースデビューが遅かった為、最新作に追いつくにはまだまだかかりそうですが、当分ワンピースの世界にどっぷりはまりそうです。

寒い日は家で電子コミックを読みまくり!

寒い日は外に出るのがおっくうになります。あったかい部屋でダラダラしたいよぉ~とテレビを観ていましたが面白い番組がない。
う~ん、ヒマ~。でも外には出たくない~と何か暇つぶしはないかとパソコンを立ち上げたら面白そうなサイトを発見!
それは電子コミックのサイトでした。
今まで電子コミックのサイトを見たことはなかったのですが、少女コミックや青年コミック、それにちょっとエッチなマンガまでいろいろあるんですね。
ビックリしました。まるで本屋さん並みに、いやそれ以上に漫画があることに!
早速会員登録をしてみました。初電子コミックです。
まずは無料立ち読みコーナーに。なんと1冊まるごと立ち読み(タダで)読むことができるマンガもありました。
面白そうなマンガをクリックすると簡単に開ける!そして読める!電子コミックってすごいです!こんなに簡単だったとは。
しかも読みやすい!通常のマンガ本と変わらずに読むことができました。
1冊まるごと立ち読みしたら続きが気になり続編を購入。ず~っと夢中で読んでいました。
続きを買いに行かないくてもただクリックするだけで続きを読むことができる電子コミックに夢中になってしましました。
簡単便利~。

スマホで暇つぶし

スマホで暇潰す。最近は誰もがやってることです。最近は電車に乗れば隣の人が、前の人が、というか周りの全員がスマホだして、ちゃかちゃか操作をしています。たまに一列全員スマホとにらめっこしてるの見ると笑えるw

私もスマホでアニメみたり、漫画見たり、Youtubeでネタ動画を見たりが殆どです。最近はYoutubeの面白いものがあまり無いかな。漫画は主にエロ漫画みてるから外じゃ表立って見れない。アニメもちょっときついかなー。エロアニメじゃないからまだいいけど。そうそう漫画で面白かったのが俺得修学旅行ってやつ。これが主人公が女装して姉の修学旅行に参加するってやつで、なかなかに面白い。絵も綺麗だし。好きな人はこちらで調べておくといいだろう。

さーて、今日は記事を書くことで時間を潰せた。明日は何にしようかなー。

知らない間に成長していた息子の話

最近気付いたことがあります。
今まで本など読まない、本屋なんか行ったこともない息子が言いました。
本屋に行きたい、と。
私は幼いころから漫画を始め、小説も雑誌も好きで読み漁るタイプでした。
どうしたことか、息子は本に興味を持たず読み聞かせても無反応でした。
その息子が初めて本屋に行きたいと言ったので、私は大喜びで本屋に連れて行きました。
本屋に到着するなり息子はキョロキョロと辺りを見回し落ち着きなくフラフラしだしました。
何を探しているのかと聞くと、天体の本だと言います。
私は図鑑などが並んだコーナーに息子を連れて行きました。
太陽系と宇宙みたいな本を見つけると息子は本を開いて食い入るように見つめています。
最初から文学的な本には期待していませんでしたが、息子が本に興味を持っただけで嬉しいのです。
きっと学校で宇宙について学んだのでしょう。
買ってあげるよと言ったら目を輝かせて嬉しそうにその本を抱きかかえました。
帰り際に漫画コーナーに立ち寄った時に、今学校で流行っている漫画を教えてくれました。
どうやら友達に借りて読んでいるそうです。
既に漫画を読み始めていたこと、しかしそれに気付けなかった私は自分自身に少しガッカリしましたが
息子の成長を感じられた出来事となりました。

夢の中でも仕事をしているなんて

最近の仕事は残業続きで毎日くたくたになって帰路につきます。
朝も勤務時間の2時間前に出社しているので睡眠時間はここのところ3時間か良くて4時間です。
早朝の電車は空いているのでラッシュの混雑が嫌いな私には嬉しいのですが、早起きがどうも苦手で困ります。
しかも今は気温が低いので寝起きのぬくぬくとした布団から中々出られないのです。
隣に座ったサラリーマンの40代くらいのおじさんがスマホをしきりに眺めていました。
電車の中でスマホを眺める光景は珍しいものではありません。
どうやらスマホコミックを読んでいる様子でした。
私も空いた時間などに利用しますが、スマホコミックは手軽でいい時間つぶしになります。
ただ、睡眠時間の少ない私にはそんな余裕もなく、気付けば夢の中におちているのでした。
しかし夢の中でも仕事をしています。
書類の山に囲まれて提出期限が迫っている、お偉いさんに囲まれて会議の進行をしているなど寝ていても休まりません。
そんな中、目を覚ますと隣のおじさんはまだ、スマホコミックを読んでいました。
呑気だけれど、ああやってリフレッシュしているのかもしれませんね。
さぁ今日も頑張ろう。来月は残業代で自分にご褒美を買おうと思いながら会社に向かうのでした。

大好きなアーティストと友達に感謝の一日

私にとってライブは、頑張れる源になっている。
最近はまっているアーティストが、地元でライブをすることを知り私はライブ繋がりの友人達と3人で見に行くことになったのだ。
会場までの運転は友人がしてくれた。しかもキャンピングカーなので広々としてすごくテンションが上がった。
こんな車に乗ったことのない私は、車の隅々まで見て回った。本棚には漫画や小説があり、寝る場所も広々していてまさに家そのものだった。
会場に着くまでの間、好きな作品の漫画を読みながら友人達と楽しくおしゃべりをした。趣味が一緒の友達といると、やっぱりいつも気持ちが明るくなる。
ライブ会場に着き、いよいよライブが始まった。チケットはソールドアウト。満員のお客さんに紛れて私は声が枯れるほど叫んだ。
アンコールになり、私が一番生で聴きたかった歌が流れ出した瞬間涙が流れてきた。私にいつも元気をくれる曲だったので、今回のライブで聴くことができて本当に嬉しかったし、このメンバーで見に来られたことに、いろんな感謝が込みあげてきた。
ライブが終わり、私たちはぐったりしながらもライブの余韻に浸りながら帰ることができた。運転してくれた友達に感謝しながら、私はまたこのメンバーでライブを見にきたいと思った。